No.2 2004年2月8日 永岡 勝男

一昨年SITAの合格証を頂きましたが、特典があるわけでもなく、講師の機会があるわけでもなく過ごして来ました。何となく昨年、さいたネットのWordとExclの勉強会に参加して、運営委員の方にお世話になりました。そうするうちに、昨年秋に人手が足りないので運営委員会の手伝いをしてくれないかとお声が掛かり、それ以来、数回委員の皆様と毎月一度顔を合わせています(ヘルプスタッフです)。
もっと積極的に事業を目指そうという意見から、親睦会でよいと言う意見まで色々ありますが、今は親睦会で良しと言うのが偽らざる私の実感です。活動してゆく内に、いずれ色々な方向が見えて動き出すのではないでしょうか。(山口さんのグループがその一例です)個人的には是非講師をやって見たいと思っています。なかなか機会に恵まれません。(実行力不足だと思っています)
昨日(2/7)の懇談会で、公共の場で講師をなさっている方のお話を伺う機会があって、仕事の探し方などとても参考になりました。肝心なのは何かの行動する事(力)ですね。でも、何とか一度、講師をやるのチャンスが欲しい、今日この頃です。
古川さんの提案、経験を集約したテキストを作ってそれを利用して教える、こういうことが実現したら人生充実でしょうね。