No.48 2004年7月11日 写楽

梅雨明けも間もないようですがお元気ですか?毎日暑いです。花火の音が遠くで聞こえます。自治会や町内会の納涼祭、公園に櫓が立てられています。

さて、”歳時記” チョット夏休みに入ったのでしょうか?夏休みと言えば絵日記、学校が始まる休みの終る頃になってまとめ書き、今も昔も変わらないようですが。”歳時記”も もう少しで一巡します。早くここに来いよ!とお待ちの方もあるのでは・・・と思いつつ割り込みです。

難しいお話は持ち合わせておりませんので指の練習に任せております。 そんな訳でどんな話?文になるのか終るまで分かりません。 ただ、少し書いて次に誰にお願いしようかと・・・思いながら・・・指が動いていきます。

みなさん、今夏の計画は既にお持ちでしょうね?そんな中から出来上がった話でもこの歳時記の中でお聞かせ下さい。 しばしパソコンを離れて・・・でも気になるんですよね。メールが来ているのではないか・・・開けて何にもなかったときの期待はずれのあの感じ。心が若返るように思いませんか?

私は両親の墓参に帰省しようかと思いつつも切符の手配もなにもまだまだ。今年は同窓会の話もきていないし、ときに不幸な話も聞かれるような年回りになってきました。

取り留めのない話で申し訳ありません。こんな日常的な?会話でも  ここまで読んで頂いてありがとうございました。