No.92 2005年3月23日  永岡 勝男

CDやDVD作成は面白いものです。私の場合DVDはもっぱら、映画など放送番組の録画です。パソコンにTVチューナーを増設して録画し、CMなど不要部分を削除する編集をして、DVDディスク(メディアはDVD-R)を作成しております。

TVチューナー : GV-M2TV( I/Oデータ社)
CM部分のカットなど編集用ソフト : MyDVD(DVDドライブ付属ソフト)
DVDディスクの作成 : B’sCLIP(DVDドライブ付属ソフト)
などのハードやソフトを利用して、DVDディスクを作成し家庭用DVD再生機で楽しんでおります。それにしてもMPEG2という仕様でDVDを作ると画質の良さに感心させられます。VHSテープに比べると画面のよさや収納スペースの効率化など優れている点も多いのですが、出来栄えがよい分だけ少し手間がかかるのが難点ですね。

次にCDの作成ですが、長年録り溜めしたラジオの落語放送カセットを昨年CDに録音しなおしました。
デジタル録音および簡単な編集: A-RECORDER(フリーソフト)でWAV形式のファイルを作成
CDディスクの作成:B’sCLIP(CD−Rドライブ付属ソフト、同上)
以上の準備でカセット録音をCDに変換できます。

私の場合、音質の改善はあまり重点を置いていませんので、費用は格安でした。ただしその分手間はかかります。時間をたくさんかけられる場合に限りそうです。

カセットテープをCDに変えれば、不要になった沢山のテープが無くなって部屋がすっきりする、と言ってはじめたのですが、不要になったテープを捨てる気にもなれず(もったいないので)、結局身の回りのものが増えて、家族からは相変わらず度々の苦情です・・・・・。