No.95 2005年4月9日 komisei

近所のパソコンクラブへ時折お手伝いに行きます。メンバーは中高年の女性の方が大半です。目下の関心の中心は、画像の扱いです。メールはリッチテキスト形式で画像を貼り付ける、デジカメ写真の取り込みと加工、文章への画像の挿入など画像関連の作業が盛んです。

あるとき、ワードで文字に紙吹雪のアニメーションを付けて来た人がいました。一瞬その機能がどこにあるか迷ってしまいました。講習会ではそのような機能は関係なく、以前面白がっていましたがとうに忘れておりました。その場では誉めておきましたが家に帰ってそっと探しました。

これはいかんと思い、改めて画像描画のツールバーのおさらいをしてみました。オートシェイプの組み合わせによるイラストの作成は思わぬ作品?「線路上に機関車が客車を引っ張って走るもの」(但し、動画ではない)などが楽しく出来て、クラブの会で見せると、見た人は面白がって自分でもやってみたいと好評でした。絵を描くことが苦手でもオートシェイプを組み合わせれば、いろいろ出来ることでパソコンがますます楽しくなることを感じてもらえたと思いました。

最近、パソコンで絵を書くというタイトルの本がいくつも出てきました。インターネット上でも、作品が公開されています。基本技能の修得は必須ですが、生活に潤いを与えるパソコンの利用方法の1つとして画像があると思います。画像関係はその人のセンスが出るので、お互いに見せ合うことで技量が向上します。そしてコミュニケーションの円滑化に役立っています。