No.201 2007年3月26日 堀内 猛

古川さんから引き継ぎました平塚在住の堀内です。

今年に入って、親○かで「柴わんこ」の散歩に毎日付き合っていますがやっと 朝の散歩で手袋が無くてもカメラを提げていくのが苦にならない季節になって きました。

私の今日の話題は、加入しているNPO法人の活動の一部に「パソコンなんでも相談室」がありますが、 其のメンバーから「Windows Vista」のパソコンを購入したのでデータの引越しを依頼されました。

購入したパソコンは「東芝のノートパソコン」使っていたパソコンは「日立のノートパソコンのWindows98」でした。 実際に目にしてみて分かったことは、新しいパソコンは、データの引越し用のソフトとLANケーブルが付いていたが、

FD装置が無い。
Win98にはLANケーブルの差込口が無い。
USBメモリーがあったが、
ドライバーソフトが無く使えない、
などの問題が有って予想外に時間がかかってしまいました。
結局、インターネットからドライバーソフトをダウンロードしてやっと使えるようにしました。

マイドキュメントにあったフィルやインターネットのお気に入りは問題なく終わりましたが、 Outlook Expressのアドレスの引越しには苦労をしました。
理由は、アドレスの保存に拡張子を「CSV」で保存したため、VISTAでは、「漢字が文字化けをした」ことでした。
其の解決に時間をとられてしまいました。
結局、WAB形式で保存をして何とか終わることができました。
VISTAでは「WAB形式」で保存したものでないと漢字の文字化けが出るようです。

新機種が出て最初の仕事でしたが、良い勉強になりました。