No.241 2008年12月23日 廣瀬 清志


茨城県取手市の廣瀬です。

12月になるとあちこちから忘年会の声がかかります。さいたネットの忘年会が12月に行われると、近場を優先させるためなかなか参加出来なくなるのですが今年は忘年会を行わず新年会にするとか、ホッとしております。皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております。

一昨日は取手のパソコン仲間との忘年会、昨日は取手のボランティア仲間との忘年会と続いております。今週も忘年会が続きます。忘年会にお酒はかかせませんが、若い時とは違って、お酒を飲みすぎることはなく、お酒に飲まれてつぶれることはなくなりました。仲間と話をしながら、いい気分になってくると、お酒を飲むピッチがだんだんと遅くなり、ほどほどのところでお開きとなります。ほろ酔い気分で帰ることができます。

昨日は、昼間は暑く感じたのですが、夜になると急激に温度が下がり、震えあがりました。冷たい夜風に吹かれて、家に着くころには身体がすっかり冷え切ってしまい、すぐに風呂につかりました。身体が温まってくると、再び酔いがまわってきて、眠気に襲われ、そのまま床に着くと幸せな気分で眠ってしまいました。

会社時代の仲間と飲む機会はめったになくなりましたが、地域の活動を通じて知り合った仲間と飲める付き合いが出来ることは嬉しいことです。いつまでも健康で、長く付き合いが出来ることを願っています。

仲間との付き合いは良いのですが、パソコンとの付き合いが不調になりました。私が愛用していた古いノートパソコンが突然うんともすんとも言わなくなってしまいました。ハードディスクが壊れたようで、認識できなくなりました。

新しいノートパソコンを購入しようか、それともハードディスクのみの交換にしようかと悩んでいました。新しいノートパソコンを購入するならVistaにしたいのだが、私のノートパソコンはパソコン講習会で使っているので、OSはXP、Officeは2003でないと困るのです。結局、ハードディスクの交換をして、もうしばらく古いノートパソコンとのお付き合いを続けることにしました。

今年ももうすぐ終わりです。では、皆さん良いお年をお迎えください。