「第2回勉強会」 ・・・ 会員7名、運営委員7名参加

内容:インストラクション体験


第1回同様、テキスト「IT基礎Word・Excel入門」を使用し、その中の一部を10分間講習する。

前回時間が足りず、感想を充分に述べ合えなかったことの反省から、今回はロールプレイの時間を10分間としました。

全員で感想を述べ合う時間が充分持てましたので、参加者全員が良い勉強になったのではないかと思います。


感   想
 準備をしっかりしてこなくてはと思った。
 これまで学んできたことをこのまま途絶えるのではなく、継続して努力していきたい。
 1級の1次試験がとっても難しいように思われるので、次の勉強会で合格する秘訣を聞き
  たい。
 今回のような会場で和気あいあいと勉強できることを望む。
 講師として立つ機会はなかなか無いので、貴重な経験となった。
 参加者からの感想が非常に参考になった。
 課題を決めて時間内に完全に収めることは難しいものと感じた。
 参加者の姿勢から学ぶことが多かった。2次試験当日少しでも生かすことができるように
  努力する。
 パソコン操作の能力はもちろんのこと、インストラクション能力を身に付けることが大切だ
  と考える。
 (前回と違い)今回は顔を見合わせながらの会議方式だったので、参加者全員が一体感
  を持って勉強会が進む良い雰囲気だった。特に感想や意見を述べあう時、安堵感があっ
  た。
 1級目指して頑張れる自身がわいてきた。
 上がって、言いたいことが充分言えなかった。1回でも多く場を踏むことが必要だと感じ
   た。思考錯誤で積 み上げていくしかない。
 勉強会は聞くだけでもためになる。
 次の機会にも参加したい。

予定していた会場が閉鎖になり、急遽探した会場でどうなることかと思いましたが、皆様とても熱心で、環境よりも熱意の大切さを感じました。

特に申し合わせたわけではなかったのですが、ロールプレイに対する感想、意見を述べる時、皆様がまず良かった点から述べられたので、会場の雰囲気も温かいものになりました。
自分の緊張度、失敗なども話しやすく参加者同士が気楽にアドバイスし合えたと思います。

「慣れない機械だから・・・」「OSが98なんですか?」という声があがりましたが、講師経験者から、「実際は、行った先のPCがなんであれ、当たり前の顔をして講習をしなければならないのですよ」とアドバイス(言い訳?)もありました。