「第3回勉強会」 ・・・ 会員6名、運営委員6名参加

内容:インストラクション体験




テキスト「IT基礎Word・Excel入門」を使用し、「Word」の一部を10分講習する。

前回までは、テキスト全般の中からロールプレイの箇所を選びましたが、今回は「word」だけの練習でした。
テキストを7つに区切り、当日くじ引きで順番を決めました。

休憩をはさみつつ、全員が10分間のロールプレイを終了後、感想を述べ合いました。
経験者への質問、各自の工夫、今後のことなど時間が十分取れて、良い話し合いになりました。

感   想
 Wordの導入部分、始めての人に説明するのは難しい。どうしてもスキルに入ってしまう。
 カタカナ言葉を的確な日本語にするのは難しい。
 入門書でも、カタカナで表記されているのはその通り正しく覚えてもらうようにした方が
   いい。 (例:タイトルバー、メニューバーなど)
 自分が分かっていることを話すための準備が難しい。
 機能の説明が順序だってて良かった。
 準備不足を反省する。
 経験がないので皆のやり方を参考にしていきたい。
 テキストを(声に出して)読むことも大切だと分かった。
 目的・動機などがはっきり説明されて、学ぶ人が納得できるものだった。
 教科書にない説明をする時は「教科書にはないが・・・」と前置きをすると良い。
     (これはあくまで時間に余裕があるとき)
 自分の固定観念でなく、教科書に書いてあることを理解して話す努力をしたい。
 「質問はないですか?」と尋ねる余裕がなかった。
 人前で話すのは難しい。
 うっかりするとテキストから離れてしまう。
 他の人の話を聴いて勉強になる(方法、スキルなど)。
 難しいことを板書で説明したのが良かった。
    (表の挿入時のカーソルの位置、〜行〜列の説明など)
 ポインタの説明(形が変わる)を徹底させると操作がしやすいと思う。
 用語はきちんと教えて、自分も正しく使うべきだと思った。
 マウス操作の困難な、シニア・障害者に対応できるようキーボ−ドのみの操作を勉強
   したい。
 XP(Office2002)対応のスキルの勉強会がほしい。
  (受講生、教室によって使うPCのバージョンが異なるので、OSの違いを知っておきたい)

繰り返し参加なさっている方もあり、話し合いの雰囲気が明るく、気楽になっています。

初めて参加の方も皆自由に発言できて、話が尽きない状態でした。
インストラクションだけでなくパソコンに関するいろいろな話が出ましたので、
それぞれに得る所が多い会になったと思います。

講師経験の多い間宮会長からも講習用資料を一部見せていただき参考になるお話もうかがいました。