「第11回研究会」・・・パソコン水彩画2(風景画)

  会 場: 八丁堀区民館
  10月21日(土) リーダー、受講生、運営委員 計8名参加

  内 容: @ ソフトの基本的使い方
      A スケッチを下絵に色を塗る
       B 描いた絵をはがきにコピーする
      *コピー用のフリーソフト使用予定

  リーダー:助川 浩 さん (さいたネット会員)
  時  間:13:00〜16:00


 今日の研究会はいつもよりちょっと少な目の人数(総勢8名)で始まりました。

 今日のテーマは風景画です。リーダーの助川さんが下絵を準備してくださり、それに色を塗る練習をしました。空はただ一様に青く塗るのではなく、雲の感じを出すと面白いよ、遠くの部分は色を薄くすると遠近感がよくでるよ、下絵からの色のハミ出しはあまり気にしなくてもいいよ、などといろいろコツを教えていただき、とても参考になりました。

 最後に出来上がった絵を見比べてみると、作者(参加者)それぞれ個性が出て面白みがありました。みんなの作品をHPに飾ると面白いのですが、それはもう少し上手になってから、というのが多数の意見でした。早く皆さんに披露したいものですね。

 下絵、完成見本を添付致しますので、当日参加できなかった方もトライしてみて下さい。

 今日の内容を振り返ると、下絵がとても重要であると感じました。リーダーのお話では、初心者が白いキャンバスに直接下絵を描くのは難しいので、写真を利用すると良いとの事でした。
                                (事務局)


下絵 完成絵
    
感   想
■ パソコンを使用し,実際の絵の道具で描いているように、筆を選んだり、パレットを使って絵の具から色を混ぜ合わせて好きな色を作り、描いたり、やり直したりして、水彩画の完成に驚き、とても楽しい時間でした。
 残念ながら、PCの能力不足で実習の水彩画はうまく描けませんでした。これから時間と題材をみつけて作っていきたいと思います。自信作ができましたら、皆様に披露致します。
 久し振りの水彩の復習で、ソフトの使用方法だけでなく絵の描き方のノウハウ等があって、従来の研究会とは違いが出て楽しかったです。私は水彩7や舞筆を使っていますが実際に水彩画を画いてはおりません。このような機会がないと作品を作成するチャンスがないのでその面からは楽しい時間でした。
 前回の静物画と違って今回は風景画を取り上げて頂きました。空の描き方、遠くの部分の塗り方(遠近法)などコツを教わり、とても参考になりました。練習を重ねればいろいろ楽しい絵を描けそうで嬉しくなりました。

 今後希望するテーマは?
     ●前回の9月17日に行われましたテーマ:パソコンはどうして動くか?(パソコン
      解剖)都合により参加できませんでしたので、出来ましたらよろしくお願い致し
      ます。

     ●会場で希望が出たようにPCの解剖や原理を再度取上げても面白いと感じま
      した。

     ●フリーソフトの紹介、使用方法や使用感、応用方法の披露、使用上の注意は
      面白いテーマと思います。